五ルピー硬貨

Jan 20, 2024ブログ, 勉強

五ルピー硬貨

ブリティッシュコロンビアの山々の、多様で包括的な雰囲気の中で育った私にとって、セイロンは遠い地での、地理の教科書の中の話に過ぎませんでした。

日本に住むことによって、遠く離れた土地を旅する幸運がもたらされました。これは外国人コミュニティとの交流を広げることで、私たちは皆、見知らぬ土地の見知らぬ人々です。パトリック・ラフカディオ・ハーンが指摘したように、それはある種、妖精の国に似ています。

Patrick Lafcadio Hearnずっと以前、スリランカの仏教寺院が私たちの日本の田舎町に設立され、それに伴い親切なスリランカ人たちがやってきました。彼らは遠く離れた故郷に愛する家族を残し、自分たちの一族のためにより良い生活を求めていました。

1990年代初頭、私は日本にいる献身的な仏教徒のスリランカ人との出会いがあり友人になりました。親愛なるその当時50代前半の友は、近くの馬の牧場で厩務員として働くことになりました。

Sri Lankan Man in Japan

発展途上国から来た外国人に共通するのは、彼らの犠牲心です。文化的に隔絶された環境で故郷の一族を築き上げ、日本という孤立した均質な国で一時的な客として生活しています。

偶然にも、日本の起業家の通訳としてスリランカの島国を訪れるという思いがけない機会がありました。それはセイロンの中心にある息をのむような美しい都市キャンディで、友人の家族を訪問するいい機会でした。

Ceylon Map

興味深いことに、「聖なる歯の寺院」の内部には、仏陀の聖なる歯の遺品があり、深い霊的な意味を持っています。これは仏教における最も神聖な宗教的な遺物の一つです。

では、今までの話が5ルピーとどのような関係があると思いますか。

共感的な人間性の本質で育てられた私には、スリランカで一般的な厳しい暗い、悲惨な貧困の現実を目の当たりにするのはあまりにも生々しく、衝撃的でした。

直感的なジレンマに直面しました。この悲惨な苦しみをどのように軽減し、終わらせることができるのでしょうか。

Hand out five rupee coins

5ルピー硬貨でいっぱいの袋は、地球規模の貧困軽減プロトコルを始動させ、世界は永遠に、そして確実に変わるでしょう。その様を待って、そして見てください。

5ルピー硬貨の列は見渡す限り続いていましたが、最後の5ルピー硬貨を渡した後、突然、夜明けのように明らかになりました。全てのお金がなくなれば、新しい乞食が生まれ、今は無料の硬貨と無料の昼食を求めて生活を切り抜けています。

昔の本にはこんなことが書かれています:人類に魚を与えれば、その日一日を養うことができる。人類に魚の釣り方を教えれば、永遠に生きることができる。

Give a man a fish and you feed him for a day; teach a man how to fish and you feed him for lifetime

私のスリランカ人の友人は、決して乞食ではありませんでした。彼は愛する妻と3人の娘を遠い土地に残し、独力で世界を切り開き、仏陀の足元で聖人として自分の一族を育て上げました。

すべての物語には終わりがあります。この深く虔信する仏教徒は、この世を去り、二度と愛する故郷スリランカの聖地を踏むことはありませんでした。

彼の目に映る孤独を見ると、日本で厩務員としての最後の地上の章で、心が折れて亡くなったとしか推測することしかできません。

Buddha and disciple

仏陀の国への移動中に、彼は偶然の西洋人に別れを告げるために立ち寄りました。この西洋人は、スリランカからのこの旅人を、彼の家族への献身と一族を進展させるために専念し、愛していました。

無限の旅を続ける中で、彼は悟りを開いた仏陀として特別な席に着きました。彼の本質と精神は、再び愛する故郷セイロンで家族と一つになりました。

Sri Lankan man in orange buddhist monk robes sitting at his feet looking at the face of the Buddha