奇跡のロックアート

Apr 11, 2020

奇跡のロックアート

ロックスターというと、普通は音楽のロックと思うでしょうが、中田明恵はそのロックスターとは別の世界のものです。

中田明恵は独学のアーティストで、小さな石や小石をキャンバスに、リアルな動物を描き、手のひらで握れる素晴らしいアートを制作しています。 彼女は2011年に石の芸術家としてこの風変わりな旅を始めました。川の土手に沿って散歩しているときに、彼女はウサギのように見える特別な石に出会いました。 本物の日本の精神で、彼女はそれぞれの石の自然な形に触発され、すでにそれぞれ運命や性格を持っていると感じるものを選びます。 「石はそれぞれの独自の意思を持ち、私はその石たちと一緒に先に進み、私がそれらに描くための手がかりとして考えています。」 猫や犬からフクロウ、ネズミ、さらにはオポッサム一家にいたるまで、中田明恵の石の動物はどれも驚くほど実物そっくりです。 目を最後に描くと「目が生きている」と思い、彼女は自分の仕事が完了したと感じます。   彼女は続けます。「私にとって、作品を完成させることは、私が描くディテールの量ではなく、石の中に人生を感じているかどうかということです。」 これらの素晴らしい作品を見ると、「マスター」という言葉の意味を理解できます。 現在、埼玉県狭山市に在住。

ここで彼女のInstagramをチェックしてください

75,000人のフォロワーを持つ彼女のFacebookページに接続できます。