文明の分岐

Jun 1, 2024ブログ, 文明

文明の分岐

日本の表意文字の組み合わせは、存在的で内省的なテーマを指摘する風変わりなフレーズを生み出し、模範的な国民社会を作り出す常識的な繊細さなど、重要な日本の格言に命を吹き込みます。

日本人は、過去から学び、長持ちするような強いものを作り、「温故知新」に組み込まれた侘び寂びのプロトコルを受け入れ、尊厳ある概念を埋め込んできました。

津田大学と梅子先生の弟子達

創造の女神によって操縦されるロケットは毎朝発射され、「温故知新」はその道を示し、私たちの祖先は第三の文明の未来を創造するためにネオ氏族の基盤を築きました。

偶発的な西洋人として、日本への創造の女神によって送られた偶然の使者として非常に困難な立場に割り当てられるという幸運がなければ、日本の心の古代のプロトコルの隅々で点を結びつけ、日本におけるルネサンス・マンとしての重要な役割を賢明に理解することはできませんでした。

Renaissance man in Japan with muse

日本人は、これらの緊密に結びついたコミュニティのメンバー間の意見の不一致に関係なく、新興のネオ社会の市民的対話において、礼儀の重要性を再確認する最適な立場にあります。

日本社会の基盤となる公式な憲法文書に記載されているように、同じ方向に進むときは常に解決策があり、自然に生まれる実りあるコミュニティがあります。

日本人は二千年以上にわたり社会を再構築してきました。そして、長期的なゲームを続ける忍耐力における文化的洗練が、日本人を第三の文明の創造者およびキュレーターとして位置付けました。

Japanese cultural refinement

新興のネオ社会の主な特徴は、「言う通りにしろ、私の行動を真似るな」というような恐ろしい教条的なプログラムを排除することであり、権威主義的な専制統治の棺に最後の杭を打ち込むのに使われた釘のようなものなのです。

文明の分岐は、日本人をこのエリクサーのテンプレートの所有者として残し、市民社会での行動方法を示しています。これは日本の社会的慣習によって作成されました。

Japanese civil society all it can be

実際、日本の国民は、第二次世界大戦で解き放たれた火を噴くドラゴンによって激しく分裂し、そして暴力的な帝国主義の過激派が、苦しんでいる国民の命を支配しました。恐ろしい事例の中で苦しむ日本の市民の生活を隷属させ、無駄にしました。これはハードコア・ヒストリーの一例です。

本質的に強靭である日本の憲法DNAに非常に深く埋め込まれており、今、私たちは聖徳太子の日本固有の憲法と理性の時代、国民の分裂、ネオ氏族の時代、第三の文明の基盤となる重要な器官の統合を迎えています。

人間の意識の進化は数千年にわたって進展してきましたが、ウサギとカメの競争の結果はまだ決まっていません。未来がどうなるかを知っているのは創造の女神だけであり、時間とともに明確になるでしょう。

Tortoise, Hare, Muse

誰もが口先だけで支持する構築された現実(マトリックス)に参加するようにだまされ、数十年間他人の夢を実現するために費やされ、短命の人間の存在の儚い本質は、星条旗の夢の偽りの約束と引き換えにニッケルやダイムに変えられました。

ほんの少しの決意で、自分だけのネオ氏族のためのニッチを作り出すことができます。

無限の振動の再活性化互恵関係と壊れたシミュレーションを再プログラムする責任を祝福しましょう。真正性は新興の構築された現実の新しいパラダイムであり、第三の文明の本質です。