私の映画は誰のもの

Sep 23, 2023インスピレーション, ブログ

人生を映画としてとらえ、特異な映画の全プレゼンテーションの重要性を認識します。

仮に「私は私の人生で何をしてきたのか」という完璧なまでのタイトルにしておきましょう。

人生は、映画なのです。好むか、好まざるかにかかわらず、この映画により、自分の物質的な人生を通じて蓄積された選択を映し出されます。ですから、明白に見る目を持って、世界を観察しなければなりません。

映画の筋書きと、その中での自分の役割を理解することは、人生の意味を理解するための第一歩です。勇気のある人は、非常に親密で様式化されたトゥルーマンショーのスター、プロデューサー、監督になることもできるのです

truman show movie poster

地球の大気圏に突入すると、序列儀礼と呼ばれる現象によって、人間の遺伝学が刻み込まれ、弟妹や兄妹、あるいは一人っ子の役割が割り当てられます。

文化的洗脳の初期段階において、乙女の役割は通常サポート役であり、慈悲深いリーダーの本能からではなく、従者になるという哺乳類の本能が遍在しています。

残念なことに、偶然割り当てられた最初の役割に疑問を抱くことはなく、事実上の自己責任として受け入れられてしまいます。

Hard Work and the lot in life

「血は水よりも濃い」という古くからの格言の誤用を理解し、内面化することが肝要でしょう。

一族の本当の意味は、同じ方向を向いている組織化された多声的なパートナーシップのことであり、これらの倍音は、率先して、秩序過程を信頼し、太陽の道に従っている人々の明白な特徴です。

実際、ショーの中で自分自身の役割をアップグレードするという選択肢は、理性の時代に基づく驚くべき進歩のおかげで、ここ数十年の間に初めて一般大衆が利用できるようになりました。

enlightenment-guys

言い訳は、意識的に無知を受け入れたことと同等であり、あるいは惰性と精神的怠惰を認めることであり、最終的には、『無限』のスタイルで書かれた、非常に個人的な伝記を求めるすべての人にとって、棺桶に最後の釘を刺すことになるでしょう。

最後の幕で息を引き取るとともに、自分の人生が色あせた映し鏡であり、顔のないエキストラであり、誰かの低予算で作られた、すぐに忘れ去られるであろうB級映画の中で、とても役には立つが、実はバカであるということを思い知らされます。

すべての記憶に残る映画には、結果的に重要な脇役がいるものであり、強力なキャストは各俳優の地位を高め、各プレイヤーの才能を増幅させるだけでなのです。

The cast supports the production and each is equally as important

可能性のスペクトルは、膨大な創造的自由を可能にし、あなたの個人的なアカウント、最も親密な脚本、あなた自身の映画の主演、権利と所有権はあなただけに帰属します。

ここ日本では、映画のプロトコルはすでに義務や相互依存という社会の糸に織り込まれ、「文明3.0」へと進化しています。

基本的に、日本の現実は、誰もが厳格な階級制度に基づいた社会の儀礼に従って、与えられた役割を果たすという概念の上に成り立っています。

18th-century mebina, Empress doll

これらの独特な儀礼は、日本独特のマスクを何層にも重ねるための、巧みな技術を必要とします。

日本人を神秘的な民族と決めつけるのは、日本人の本質を見誤っています。

日本人の道を完全に理解するためには、日本人の言葉を高度なレベルで読み、書き、話すことが義務付けられます。この厳しい現実から逃れることはできないのです。

素人目には、日本人は非常に特殊な社会の格納庫に閉じ込められているように見えるし、表面的にはそれが現実のように見えるかもしれませんが、日本のあらゆる物事がそうであるように、物事はそう単純に言い切れるものではないのです。

Clarity Over Time - cybersensei - Land Of The Rising Son