結び

Jul 8, 2023ブログ, 文化

結び

過去から学び、現在に生き、未来に備えましょう。

歴史:
ネクタイの起源は30年戦争(16181648年)に遡ります。フランスの傭兵らは、制服の一部として伝統的な結び目のあるカーチーフを着用していました。

Thirty_Years'_War - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

戦争末期、傭兵たちはフランス国王ルイ14世に閲兵されました。その際に国王は、このカーチーフに目を留め、気まぐれな子供のように夢中になりました。

それ以来、ルイはわずか7歳にして、自らこのカーチーフを身につけるようになり、この気まぐれな未熟児は、王室での集まりには、ネクタイをアクセサリーと着用することを義務付けました。

あなたがネクタイを締める時、その起源が遠い昔に死んだ、7歳の少年の命令によるものであることを思い出して下さい。

Boy King with Tie - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

普遍の真実:
西洋社会は、少年王が気まぐれに思いついた、無意味で悪趣味なファッション・キッチュという概念に囲い込まれています。

ヒント・ミント:
絞殺の反対は解放です。結果は二者択一しかなく、絞殺と服従を受け入れ続ける者は枯れ続け、死ぬでしょう。自律した主権者として生きることを選ぶ者は、人生と、自由という概念を実現することの意味を選択することになります。

corporate-life - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

現在
次の質問はこうです:

服従のネクタイと一緒に、服従のマスクはいかがですか?

哲学的には、どちらも市民を抑圧し、創造性を絞め殺すためのものですが、現在論争の的になっているフェイスマスクは、遍在するネクタイと結びついた、前例のない専制的な服従の、より新しい形態に過ぎません。

Many NeckTies - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

どこにでもあるネクタイは、現代の産業機械を動かしているビジネスマンの群れを見ればわかるように、企業に縛り付けられていることと鋭く結びついています。

そこでは、目に見えない独裁的な機嫌の悪い上司が、ネクタイを締めた階級によって実行され、多くの場合、社会の調和と結束を基礎とする調和的なグローバル社会という、より現実的で人間主義的な哲学が犠牲になっています。この哲学は、すでに原始憲法に謳われており、日本の基礎であり、文明3.0へと進化する東洋と西洋の融合です。

Modern and ancient Japan all together now  - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

勝手にアドバイス
社会の結束は、日本流の基本的な手順である「」「秩序」「過程」に従いつつ、生来の「改善」の概念を呼び起こすことで達成できます。

未来:
次の節目では、生命力を窒息させる硬い首輪や固い結び目の、精神的麻痺から自分の一族を解放することです。

だから今、再び過去の束縛を取り払うときが来たのです。亡きカエル少年の王の気まぐれから解放され、自分の存在の次の状態に入りましょう。

Frog King - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei