口は災いの元

口は災いの元

口は災いの元

口は災いの元

日本人には、非常に不安定な言論の自由という言葉の泥沼を避けるための簡潔な表現があります。つまり、あらゆる会話を個人的に解釈する自由があり、どのようにでも取られる可能性があります。それが「口は災いの元」です。

昔々、愛する創造の女神から素晴らしいフィルターが贈られました。しかし、言葉の戦いの中で、識別不能で理解不能な平凡で非常に陳腐なテーマの中で、口頭の礼儀が歪められ、全体として醜い場面になります。

Disastrous Mouth

それが真実なのか、親切なのか、必要なのか。この三点セットを内面化することで後悔はありません。今ではマスターコミュニケーターとして、常識の知恵を超えたものを理解する際に役立ちます。

親切・必要・真実を、形式秩序過程と統合するには、一歩の小さなステップを踏み出すだけです。そして、私たちからあなたへの贈り物として、創造的なコミュニケーションソリューションの進化があります。

Kind Necessary True Mere with Form Order Process

この高度に洗練されたプロトコルが無視されると、過剰な苦悩、痛み、そしてその操作的な悪意の友人である精神的拷問が、説教者と合唱団と共にやってきます。

深い感情的なセレナーデ、同じ古い歌を何度も何度も繰り返しスキップするレコード、導かれながら叱られ、苦痛の罰が与えられます。これは当然のことであり、日本のコミュニケーションプロトコルに定められた心地よい礼儀を露骨に無視したために、課題が持ち込まれます。

A diverse and inclusive interstellar choir singing in unison with a preacher conducting them. The choir includes aliens, fairies, and elves, all harmo

絶え間ない増幅とそれよりも悪い仲間である騒音、不快な音の騒音を絶滅させることは、ウイルスの感染の現れであり、腐敗する人間の心の狭く定義されたスペクトルを消費します。

しゃがれ声の人間型ノイズ汚染の不協和音は、現代のコミュニケーションシステムの失敗に反映されています。フォークドトングの従順なミニオンたちによって検証された解決策として表現された幻想的な妄想を生み出します。

酸っぱい言葉の硫酸の味を和らげることは、有毒な廃棄物のようなものです。言語的に腐敗した遺物の死にかけた製品は、依然として現代の原始人を悩ませています。

A scene featuring rustic goblets filled with acrid vapors pouring from the mouth of a suspect chalice. The goblets are old and worn, made of rough met

日本人は、人は生まれつき、口がすべての災いの源であることを知っています。多くの場合、日本人は建前の標準プロトコルに従い、社会的に構築された調和の外観を維持します。それが進むにつれて、生活は流れます。これを内面化してみると、あなたも日本人のように考えることができます。確固として100%返金保証します。

これは本当に日本のコミュニケーションプロトコルが隠された意味のゲームである理由かもしれません。微妙なイントネーション、曖昧さ、そして各日本人の最も重要な社会的地位の中にあります。

日本人であることの意味の中に埋め込まれた、古代の秘教的なコミュニケーションプロトコルに縛られ、文化的に豊かな漢字を通じて過去に深く到達する能力を持つ非常に美しい非言語コミュニケーションツールによって表現されています。

Gain Wisdomー温故知新

日本のゾーン内では、日本人は内臓的な歴史的先例を持ち、コミュニケーションプロトコルの厳格な施行が行われています。すべてを啓発しながら自分の立場を知り、自身の頭を失わないようにしてください。口は災いの源である、それだけです。

江戸時代の日本では、言い間違いが横目で見られ、有名な侍の刀の内臓的な本物の感触に遭遇しました。

壮絶で血だらけの混乱、早期の死、ネオ氏族の守護神の懐に戻り、口から噴き出す災難が最終運命に流れます。

制御不能な口から噴き出すすべての災難は、制御の一端を得ることができない人々にとって凡庸な目的地に導きます。緩い唇は飼い慣らされていない獣の印を引き起こし、その結果、冷厳な事実を示します。あなたの人生は総合的に惨めに失敗していると言えます。再び最初から始めてください。

A confrontation on the streets of Edo between an obnoxious drunk rogue and a noble samurai. The scene is set at night, with traditional Edo period arc

賢く機知に富んだ会話の達人、並外れたおしゃべりからの長い系譜に由来し、いくつかの生得的な特性は決して変わることはありません。したがって、この風変わりな会話のクラスの人々は、言葉の精神を内面化することによって文化的なコミュニケーションコードを再構築する必要があります。それらはどこにでも潜んでおり、鍵の一つを握っています。

自己中心的で意見が強く、ニュースサイクルに駆られたうるさい口からの移行は、洗脳が深く浸透しています。そして、この中にはわずかな寛容の余地があります。

ユーモアの領域では、口からの災難が常に待ち受けています。鈍い賢者が完璧な日を台無しにするための第二のチャンスを期待しているように、無害であるのに関わらず、たった一つの失敗で、以前の自分の影の中に誘惑されています。

A solemn and realistic scene emphasizing the message to 'watch your mouth.' The image shows a person with a ticking time bomb in their mouth, symboliz

明るい晴れた日に、親友のサンシャインラバーと共に明治神宮を参拝中、見知らぬ人と会話に熱中しました。そしてイギリス諸島から来たという西洋の少女に実際尋ねられました。

汚れなき西洋のプリンセス:「あなたは日本に住んでいるのですか?」

xybersensei:「1987年に23で到着して以来、ずっとここに住んでいます。」

汚れなき西洋のプリンセス:「なぜここに住むのですか?!?!」

昔なら、そのプリンセスは無濾過の返答で内臓を引き裂かれていたでしょう。彼女はありふれた退屈な、視野の狭い西洋のひよっこなのです。

ここでフィルターが作動し、舌の先の辛口の賢者の返答を和らげ、ついに制御され、創造の女神が用意しているものになるための一大飛躍となりました。

今、愛する読者の心にある燃えるような質問は:

自由に意見を述べることができたなら、あなたならなんと言いますか:

xybersensei:「なぜなら、私は決してあなたのような人間にはなりたくなかったからです。言う必要はないかもしれませんが、しかし厳しいことを言います。これが真実なのです。」

A slightly obese British princess with raggedy clothes and gaudy makeup, standing in wonderment at a shrine. She has a snotty nose

文化創造

文化創造

文化創造

文化創造

1987年から日本に住んでいて最も素晴らしいことは、世界中の様々な人々に出会い、アジアの深さを探求し、異国情緒のある土地の雰囲気に浸る機会を得ることです。

これにより、人類全体の本質や自然を深く洞察することができ、それぞれの人が多元宇宙の謎を解き明かすユニークな旅に出ます。

Forward to the future-follow the sun

数十年にわたるグローバリゼーションの到来を観察して、不正確な商人たちの欲深く、断片化された心理に対するローカライゼーション翻訳の必要性が鋭く、こっそりと観察されました。

劣悪な商品や空虚なヴェイパーウェアを売りつけようとする外国の存在が増え、疑わしいネットワークマーケティングの利点を見識の高い日本人に売り込むことは、失敗の典型的な例です。

Failure 101 American nightmare

頭の中で、悪名高いチャールズ・ポンジというペテン師のイメージを明確にしましょう。彼はよだれをたらす取り巻きたちと共に日本への「裏口からの侵入」を試みるのです。

まず最初に、日本の「形式順序過程」のプロトコルを理解することが、文化的に親しまれる記事を作成する手助けとなり、移り気な日本人の注目に値するものとなります。

永遠に残る遺物を創造するためには、日本人の心理をもっと深く分析する必要があり、これが全ての面倒な外国人の模倣者たちに物質的な成功をもたらします。

これらの些細な策略のほとんどは、儚い桜の花びらが春の優しい風に舞うように出現し、消えていきました。それは、日本人から搾取可能な商品のように巨大な富と財宝の夢を抱いているものの、厳しい主観的現実のブーツの踵に永遠に押しつぶされます。

The end of the American empire

アメリカ資本主義の心理における致命的な欠陥は、日本の方式に対する一般的な軽蔑的で無礼な態度に反映されています。

西洋の学生団体の誤った入学は、大和の国民の心に深く根ざした観念や、日本人であることの意味に対する直感的な理解を消し去ってしまいました。

出生地が日本であれ、日本に帰化した外国人であれ、日本のアニミズム的な性質と市民文化を保持する願望を理解することが、商品化による植民地化や、日本のミッキーマウス化による支配を拒絶する原因となっています。

capital hill insurrection-With Mickey-02

「反面教師」という、悪い例から学べる事例を観察してください。それは、驚くほど貧弱な見解を持つ自己満足で傲慢な怠惰なアメリカ大統領のもので、彼は実際に以下のように述べました:

「メキシコ人にとって十分なら、日本人にとっても十分だ」” (°_°)*

日本人は厳格な階層構造の中で生活しています;したがって、以下の図は日本人の考え方に完全に合致します。

Samurai ΩNE Chart

しかし、私たちが愛するメキシコの兄弟姉妹にとっては、このようなことはありません。図はアステカ人の文化的感受性や先住民族の信念を尊重し反映する特定の方法で作成されなければなりません。

Bind Japan and the Aztecs

日本で試みた典型的な不快な西洋のディストリビューターの戒めの話です。彼は最初から失敗し、日本人やその明確な文化的感覚について何の手がかりもなく、欲望の虚しい代理人であり、精神的な排泄物を豊富に備えていました:「クロアチアでうまくいけば、日本でもうまくいく。」ʅʃ 

ここに、時間をかけて日本人となったカルマの異星人の集団にアクセスを許す秘密の鍵があります。それは、2千年以上にわたる文明の進化の産物である、壮大な創造的な日本の心に一瞥を投じるもので、ハードコアの歴史全体で比類のないものです。

日本は文化創造の非凡な学校であり、心からの愛と情熱を込めて、古代日本の習慣と伝統のカラフルで振動する世界への予備的な紹介を提供する、特有のスタイルを持っています。

Key to unlock freedom

カレーびいき

カレーびいき

カレーびいき

カレーびいき

日本人は英語の「r」と「l」を間違えることがよくありますね。たった一文字違うだけで、とんでもなく異なる内容になる時があります。

英語のelectionerectionはとてもよく似ていますね。「election」は選挙という意味ですが、「erection」の意味のトップは、ご自身で辞書で調べてみてください。奥さんたちの井戸端会議で、次期市長選挙について、噂ばなしが出たとします。しかしもしそこで、一文字間違えたとしたら、その市長にとって、とてもおかしな状況になることでしょう。

Kanamara Matsuri

このブログの題名の「curry favour」の「favour」も誤解を招きやすい言葉の一つです。読者のあなたは、この題名を見て、日本で食べることができる、素晴らしい美味しいカレーの風味を想像したかもしれません。しかし今回は信頼を求め、長期的な目標を達成するための手段の意味で、こちらの方が実用的と言えるでしょう。

日本には、とても素晴らしい料理がたくさんありますが、日本人は、エキゾチックなインドのカレーやスパイスに対しても尽きることのない欲求があります。それはインド人の高潔なヒンドゥー教の親族の精神と共に、日本人の心に深く結びついています。

Hindu and Japanese connection

現在の日本では、いたるところで美味しいインドカレーの店を見つけることができます。世界中から到着する国際的な風味は、急速なグローバリゼーションにより、日本がもはや隠すことのできないものなのです。

我々は、魅力的なインドのシェフたちを通じて、インド人の母の味の秘密のカレーレシピを日本にもたらすことをお願いすることで、文明の鍵を握っている女性たちとの信頼関係を築くことができます。

Key to unlock freedom

我々は、魅力的なインドのシェフたちを通じて、インド人の母の味の、秘密のカレーレシピを日本にもたらすことをお願いすることで、文明の鍵を握っている女性たちとの信頼関係を築くことができます。

さあここで、カレーの風味は興味深い人生の教訓に変わりました。特に日本の隠された女性の長たちに、信頼してもらうように努めましょう。

ハードコアの歴史書を一読すると、なぜ男性は女性に信頼してもらうべきなのか、多くの理由が明らかになります。それを生存計画の一部と考え、真の力がどこに、そして正確で冷静な、計算高い誰の手中にあるのかが理解しやすくなります。

女武芸者 - Land Of The Rising Son

他の文化では、信頼してもらうという概念がその文化の大計にまだ適用されないかもしれません。すべての新興社会と文化は進化しなければならず、そうでなければ確実に消滅します。変化は強制されることはできず、常に内側から生み出さなければなりません。

Women in burkka

ヒンドゥー教徒の国と日本は、「男尊女卑」という時代遅れの感情により、世界はそうなるべきではないという、古い歴史的描写を反映しています。

自然の法則は、社会を根付いた文明化された行動に基づいて構築することを要求しています。これは、男性と女性を結びつける周波数を反映し、文明の創造における役割を尊重し、調和と礼儀を基本とする原則、すなわち第三の文明の創造を称えるものです。

dynamic energy between a man and a woman within the Yin and Yang

五ルピー硬貨

五ルピー硬貨

五ルピー硬貨

五ルピー硬貨

ブリティッシュコロンビアの山々の、多様で包括的な雰囲気の中で育った私にとって、セイロンは遠い地での、地理の教科書の中の話に過ぎませんでした。

日本に住むことによって、遠く離れた土地を旅する幸運がもたらされました。これは外国人コミュニティとの交流を広げることで、私たちは皆、見知らぬ土地の見知らぬ人々です。パトリック・ラフカディオ・ハーンが指摘したように、それはある種、妖精の国に似ています。

Patrick Lafcadio Hearnずっと以前、スリランカの仏教寺院が私たちの日本の田舎町に設立され、それに伴い親切なスリランカ人たちがやってきました。彼らは遠く離れた故郷に愛する家族を残し、自分たちの一族のためにより良い生活を求めていました。

1990年代初頭、私は日本にいる献身的な仏教徒のスリランカ人との出会いがあり友人になりました。親愛なるその当時50代前半の友は、近くの馬の牧場で厩務員として働くことになりました。

Sri Lankan Man in Japan

発展途上国から来た外国人に共通するのは、彼らの犠牲心です。文化的に隔絶された環境で故郷の一族を築き上げ、日本という孤立した均質な国で一時的な客として生活しています。

偶然にも、日本の起業家の通訳としてスリランカの島国を訪れるという思いがけない機会がありました。それはセイロンの中心にある息をのむような美しい都市キャンディで、友人の家族を訪問するいい機会でした。

Ceylon Map

興味深いことに、「聖なる歯の寺院」の内部には、仏陀の聖なる歯の遺品があり、深い霊的な意味を持っています。これは仏教における最も神聖な宗教的な遺物の一つです。

では、今までの話が5ルピーとどのような関係があると思いますか。

共感的な人間性の本質で育てられた私には、スリランカで一般的な厳しい暗い、悲惨な貧困の現実を目の当たりにするのはあまりにも生々しく、衝撃的でした。

直感的なジレンマに直面しました。この悲惨な苦しみをどのように軽減し、終わらせることができるのでしょうか。

Hand out five rupee coins

5ルピー硬貨でいっぱいの袋は、地球規模の貧困軽減プロトコルを始動させ、世界は永遠に、そして確実に変わるでしょう。その様を待って、そして見てください。

5ルピー硬貨の列は見渡す限り続いていましたが、最後の5ルピー硬貨を渡した後、突然、夜明けのように明らかになりました。全てのお金がなくなれば、新しい乞食が生まれ、今は無料の硬貨と無料の昼食を求めて生活を切り抜けています。

昔の本にはこんなことが書かれています:人類に魚を与えれば、その日一日を養うことができる。人類に魚の釣り方を教えれば、永遠に生きることができる。

Give a man a fish and you feed him for a day; teach a man how to fish and you feed him for lifetime

私のスリランカ人の友人は、決して乞食ではありませんでした。彼は愛する妻と3人の娘を遠い土地に残し、独力で世界を切り開き、仏陀の足元で聖人として自分の一族を育て上げました。

すべての物語には終わりがあります。この深く虔信する仏教徒は、この世を去り、二度と愛する故郷スリランカの聖地を踏むことはありませんでした。

彼の目に映る孤独を見ると、日本で厩務員としての最後の地上の章で、心が折れて亡くなったとしか推測することしかできません。

Buddha and disciple

仏陀の国への移動中に、彼は偶然の西洋人に別れを告げるために立ち寄りました。この西洋人は、スリランカからのこの旅人を、彼の家族への献身と一族を進展させるために専念し、愛していました。

無限の旅を続ける中で、彼は悟りを開いた仏陀として特別な席に着きました。彼の本質と精神は、再び愛する故郷セイロンで家族と一つになりました。

Sri Lankan man in orange buddhist monk robes sitting at his feet looking at the face of the Buddha

分子レベルで生きよう

分子レベルで生きよう

分子レベルで生きよう

分子レベルで生きよう

人間の体を濃い緑のエンドウ豆スープのような化学的なマトリックスと考えると、初めは多くの人には超現実的に見えるでしょう。

Green pea soup-itadaki mouse

しかし確かなことは、物質的な汚泥を流れる分子の物理的な流れを超認知的に認識することほど、現実の構造を反映し、本物であり、肉感的なものではないということです

心、思考、身体、魂が複雑に絡み合う魅力的な現実を理解することから物語は始まります。あなたは、正当な人生の意味が徐々に明らかにされる新しく構築された現実をコントロールしているのです。

ライジング・サンのアースログに記述されているマトリックスのように、鏡をよく調べると、あなたの個人化された化学反応とその表面を映し出します。無限の始まりでの点火が怖い。あなたの分子はマトリックスの外で、始まりも中間も終わりもない永遠の世界で進化の旅を始めます。もはや真実は超現実的ではありません。

no beginning—no middle—no end—truth no longer surreal一度分子存在の風変わりな素粒子を意識的に取り込むと、心、思考、身体、魂が融合して啓発の旅が始まります。太陽に従って愛する姉妹である母なる地球を旅します。無限に存在する多くの惑星の島々の中のただ一つで、不思議で奇妙な意識を持つ存在が住む、粘着質な環礁の数々です。

肉体は心、心臓、精神、魂から成る肉感的な導管です。したがって、落ち着きのない警戒心を持つ全体、個人識別の具現化、エゴと自由になった創造の女神を、この天の環礁にある真のコミュニティ全体で調和して浮遊させながら養うことが不可欠です。

New Worlds 確かに、ヒューマノイドの化学マトリックスの構成は、飼料ミックスに含まれるソースによって大きく変わり、すべての基本的な生命徴候に深く影響を与え、すべての重要な知性体に贈る個人的な試金石となります。

幸いにも、たった23歳の若さで日本食を知りました。偶然にも、西洋の質素な料理とは大きく異なる、漬物、ご飯、刺身へと移りました。

豪華刺身船盛り - Land ΩF The Rising SΩN - cybersensei

転換 ʅʃ

西洋人として、この太陽に従う旅は、説明できない偶然の領域、非現実の最も特異な事例としてのみ考えられ、地球の力場の内部で物質的な現実に現れます。

日本料理には、必ず漬物や、生魚、その他のものが含まれています。なぜ日本の地に留まったのかと尋ねられたとき、わずか三つの理由で答えることができます。

(1) 日本人

(2) 米への敬意を払った健康的な日本食

(3) 日本国民の社会の基礎的な仕組み、これを内面化することで、深い洞察につながります、即ち文明ナンバーツリー

Surreal map of Japan high tech red rising sun background

さらに、日本人は機敏に旨味たっぷりの美味しい小さな料理の本質を表現します。それはグルタミン酸の風味に対応し、味覚の五番目のカテゴリー、うまみです。

昔々、西洋の国で食料品店を訪れた時、食べ物が工業研究所で作られた、泥のような化学物質に退化したように思えて、とてもショックを受け失望しました。これは悪い知らせです、皆さんはだまされています。ハイフルクトースコーンシロップのような、至る所にある化学化合物や添加物を消費して、あなたは太り、愚かで、悲しい存在になるのです。

Fat and stupid

求められていない (ò_óˇ)アドバイス

ヒューマノイドの重要な臓器は、心と魂の音楽を奏でます。天然の風味を選択することで、地球の化学マトリックスを再構築し、まるで個人のロケット燃料のようなあなたの生活の糧です。

肉体を再活性化することは、恒常性を保つ人間性の四つの神聖な要点を築くためのしっかりとした基盤を作ります。個人のミトコンドリア・ミューズ、つまり味方であり新しい最良の友として、全宇宙的な体をリセットします。

分子の再配置のテーマの単純さとその実行は、真剣で複雑な心のゲームが始まる場所です。

権限は明確です—72時間の禁欲はかない三日間永遠の調和を求める探求の中で若返りは内側から始まります。

映画に出てくるヒーローのように、敵は何度も現れます。それは直感的、個人的に体験されなければなりません。あなたは今、この厄介で小さな飢餓ホルモンをもっています。それはグレリンという名前で知られています。

Ghrelin molecule

グレリンの唯一の使命は空腹を感じさせることです。最初の戦いを始めましょう。たとえ倒れて屈服しても、いつも明日があります。明日があり、別のビジョンを持ち、また始めからやり直しましょう

一瞬にして、新しくなった生化学システムは飛び立つことができます。この深い魂の浄化プロトコルに対する集団的な感謝が溢れています。これは賢いドクター・ステンによってもたらされたものです

心で契約し、魂が飛び立つための探求におけるもう一つの魅力的な魔法の味方は、賢明なドクター・エクバーグのおかげです。最も重要なことは、細胞の再生が整うこと、オートファジーの奇跡、究極の再生の友です。

Sten-Ekberg mash

オートファジーは個人の細胞リサイクルプログラムです。疲れた携帯電話のように、最終的には古いファイルが多すぎてメモリを圧迫し、スローダウンを始めます。それは加齢、身体の故障、そして最終的には老化をもたらします。

不要なファイルをクリーンアップしてソフトウェアを更新し、再びスムーズに動作するようにします。72時間、すなわち三日間の禁欲がオートファジーを働き始めさせます。

細胞が生きて働くと、古く、または損傷したタンパク質やオルガネラのような廃棄物を蓄積します、それらはそれぞれの細胞の中の重要な器官です。

オートファジーの過程では、廃棄物は破壊するために梱包されます。それを分解してリサイクルし、新しい細胞部分を恒星エネルギーの更新とともに作り出すこと、それが新しく始まる場所であり、私たちは、間違いなくそこに留まるべきなのです。

Happy cells, molecules, atoms kissing each other

四字熟語

四字熟語

四字熟語

四字熟語

イデオグラムやヒエログリフという言葉を聞いて、まず何を思い浮かべますか。

おそらく、夕食後に家族で囲み、最近のマンモス狩りのことを思い出したり、人生の意味を考えたり、洞窟の壁に刻まれた手書きの絵に思いを馳せたり、満月の光に照らされながら、原初の調理用焚き火の揺らぎのリズムに合わせて踊ったりする幸せな光景でしょう。

Happy Family - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

日本語の文字に出会った当初、このような複雑な絵文字の知覚は象形文字的なものと感じました。

おそらく、より画数が多い文字を初めて見たとき、これらの奇妙な属性は、素人には象形文字と呼ばれるかもしれません。

facts-about-egyptian-hieroglyphics - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

英語の伝達方法として使用される26文字のアルファベットで育った人々にとって、日本の教育省の命令で生徒が2,136もの常用漢字を必ず学習しなければならないことを知った時の、最初の衝撃は非常に大きかったのです。

Alphabet Soup - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

学校では、学年が上がるごとに、漢字はますます複雑になり、日出ずる国の特徴を、日本国民一人一人に刻み込み、この壮大な伝達儀礼の重みの中で、母国語の精神を日本人に刻み込んでいくのです。

漢字は、現在では単に「文字」と呼ばれるようになりましたが、元来それぞれ明確な特徴があり、特に四文字の組み合わせで使われる熟語は、その複雑さの中に非言語伝達の奥深さがあります。

常用漢字表 - Land Of The Rising Son

適切に熟考すれば、これらの楽しい伝達文字は、日本人の不可解な心や方法に対する深い洞察を与えてくれます。

言語とは概念であり、流暢に話せることにより、より広く、深く、豊かな地球人としての経験を得るための鍵であることを忘れてはなりません。特に、母国語である地球世界の共通語とは著しくかけ離れた、難解な銀河系の読み書きの体系を内面化する場合には: 英語でしょう。

ABCs of Biology - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

日本語の体系は、急速に進化する世界において決定的な優位性を持っています。上級レベルで日本語を読むと、日本人の真の性質と、日本人が生まれながらに持っている「形式」「秩序」「過程」の概念が、私の日本語能力が向上するにつれて明らかになるでしょう。

これらの文字は、複雑なアイデアや精巧なコンセプトを簡潔に伝えることができ、あらゆる言語の中で最も優れたコミュニケーション・ツールのひとつである四文字複合体として、非常に有用です。

四字熟語辞典 - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

未発見の貴重品の宝庫のように、識字能力のある日本人なら誰でも「因果応報」の意味を知っているような、言語学的な実用性の問題として馴染みのあるものもありました。

「因果[destiny]」「応報[punishment]
in ga ō hō = divine retribution

What goes around comes around 因果応報 - Land ΩF The Rising SΩN - cybersensei

これらの名文句は、真の力を持ち、重要な意味を託され、実践的で常識的な生き方の指針として機能する能力を持つ、まぎれもない知恵の塊なのです。

弟子が過去から学びながら望ましい未来を創造することを諭す四字熟語を紹介します:

温故[warm past]」「知新[new knowledge]
on ko chi shin = the old new again

Maggie May Way Banner - Land ΩF The Rising SΩN - cybersensei

日々はそれ自体が奇跡であり、空間と時間という不可解な概念の中で、一瞬一瞬に自分自身の真実で純粋な運命が含まれていることを理解します。

合縁[loving relation]」「奇縁[miracle of fate]
ai en ki en = relationship by a strange quirk of fate

I DON’T LOVE YOU, I LIKE YOU A LOT - - Land ΩF The Rising SΩN - cybersensei

また、教義と観念形態の中で、2人の強情な敵が真っ向からぶつかり合うという冷酷で容赦のない真実も見いだすことができ、ここで最後の死闘、勝者がすべてを手にするという厳粛な宣言がなされます。

不倶[cannot bear]」「戴天[under heaven]
fu gu tai ten = this town ain’t big enough for both of us

Material Sludge Grudge Match - Land ΩF The Rising SΩN - cybersensei

魅力的な四字熟語の柔軟性は膨大で、咄嗟に個性的な物語を作ることもできます。

ザカリアという古い相棒と、紀元900年から1200年にかけてのキンバヤ文化の古代アンデス・コロンビアの神との素晴らしい相乗効果について考えてみましょう。

強大 [mighty]kyōdai兄弟[brethren]
kyō dai kyō dai = timeless power mates

Zak and QF - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

現代の愚かさ、そして悪の宿命的同士である無知と貧困の試練に立ち向かうため、兄弟としての力がが増幅したのです。

実は、この天才的な四文字熟語には、ひとつひとつに豊かな伝言が込められているのです。

the-road-less-traveled - Land Ωf The Rising SΩN - cybersensei

ハードコアー歴史を振り返り、現在を伝え、未来を導く理性の確かな手で、個性的で奇妙でとても風変わりななキ登場人物たちに出会う: 

妻が創るビッグ・ガールワールドへようこそ

Clarity Over Time - cybersensei - Land Of The Rising Son