文明の分岐

文明の分岐

文明の分岐

文明の分岐

日本の表意文字の組み合わせは、存在的で内省的なテーマを指摘する風変わりなフレーズを生み出し、模範的な国民社会を作り出す常識的な繊細さなど、重要な日本の格言に命を吹き込みます。

日本人は、過去から学び、長持ちするような強いものを作り、「温故知新」に組み込まれた侘び寂びのプロトコルを受け入れ、尊厳ある概念を埋め込んできました。

津田大学と梅子先生の弟子達

創造の女神によって操縦されるロケットは毎朝発射され、「温故知新」はその道を示し、私たちの祖先は第三の文明の未来を創造するためにネオ氏族の基盤を築きました。

偶発的な西洋人として、日本への創造の女神によって送られた偶然の使者として非常に困難な立場に割り当てられるという幸運がなければ、日本の心の古代のプロトコルの隅々で点を結びつけ、日本におけるルネサンス・マンとしての重要な役割を賢明に理解することはできませんでした。

Renaissance man in Japan with muse

日本人は、これらの緊密に結びついたコミュニティのメンバー間の意見の不一致に関係なく、新興のネオ社会の市民的対話において、礼儀の重要性を再確認する最適な立場にあります。

日本社会の基盤となる公式な憲法文書に記載されているように、同じ方向に進むときは常に解決策があり、自然に生まれる実りあるコミュニティがあります。

日本人は二千年以上にわたり社会を再構築してきました。そして、長期的なゲームを続ける忍耐力における文化的洗練が、日本人を第三の文明の創造者およびキュレーターとして位置付けました。

Japanese cultural refinement

新興のネオ社会の主な特徴は、「言う通りにしろ、私の行動を真似るな」というような恐ろしい教条的なプログラムを排除することであり、権威主義的な専制統治の棺に最後の杭を打ち込むのに使われた釘のようなものなのです。

文明の分岐は、日本人をこのエリクサーのテンプレートの所有者として残し、市民社会での行動方法を示しています。これは日本の社会的慣習によって作成されました。

Japanese civil society all it can be

実際、日本の国民は、第二次世界大戦で解き放たれた火を噴くドラゴンによって激しく分裂し、そして暴力的な帝国主義の過激派が、苦しんでいる国民の命を支配しました。恐ろしい事例の中で苦しむ日本の市民の生活を隷属させ、無駄にしました。これはハードコア・ヒストリーの一例です。

本質的に強靭である日本の憲法DNAに非常に深く埋め込まれており、今、私たちは聖徳太子の日本固有の憲法と理性の時代、国民の分裂、ネオ氏族の時代、第三の文明の基盤となる重要な器官の統合を迎えています。

人間の意識の進化は数千年にわたって進展してきましたが、ウサギとカメの競争の結果はまだ決まっていません。未来がどうなるかを知っているのは創造の女神だけであり、時間とともに明確になるでしょう。

Tortoise, Hare, Muse

誰もが口先だけで支持する構築された現実(マトリックス)に参加するようにだまされ、数十年間他人の夢を実現するために費やされ、短命の人間の存在の儚い本質は、星条旗の夢の偽りの約束と引き換えにニッケルやダイムに変えられました。

ほんの少しの決意で、自分だけのネオ氏族のためのニッチを作り出すことができます。

無限の振動の再活性化互恵関係と壊れたシミュレーションを再プログラムする責任を祝福しましょう。真正性は新興の構築された現実の新しいパラダイムであり、第三の文明の本質です。

マトリックスからの脱出

マトリックスからの脱出

マトリックスからの脱出

マトリックスからの脱出

映画「アルカトラズからの脱出」に描かれているように、このマトリックスの表現から抜け出すためには綿密な計画が必要です。ネオ&トリニティーのように、エージェントの佐藤&鈴木が常にあなたを監視しています。  

また、我々の中には、個人てきな創造の女神と協力して働く自律的なヒューマノイドがいますが、認識されて初めてその束縛を解き放ち、他者のシミュレーションゲームのマトリックスから脱出することが必須となります。  

cybersensei__Green_matrix_back_ground_Japanese_salaryman

では、マトリックスとは具体的には何でしょうか?  

マトリックスは、誰もが口先だけの敬意を払うように作られた現実です。これはすでに日本人のDNAに根付いた考え方であり、日の出る国としての建前の儀礼として現れています。  

壮大な建前の概念を理解することで、我々わマトリックス内の正確な位置を認識し、この地上のイラストレーションにおける構築されたライフステーションからの出口ポータルを明確にすることができます。

cybersensei__Abstract_picture_of_earth_with_a_large_open_door

ヒント ٩(ε )۶

もしあなたが日本人であるか、日本の社会的儀礼を自分の核として統合したいと考えているが、建前の基本的なプロトコルを理解していない場合、KYすなわち空気が読めない人として位置付けされるでしょう。  

驚きのため石化され、悪意のある教育や無意識の教義への固執の重みにうめき声をあげる人口の中で、空気が読めないクラスは増え続けています。 

cybersensei__Lost_humanoids_wandering_in_the_open_desertよくあることですが、完全に拒絶する、またはそれ以上に悪いことに、空気を読むことの基本的な、建前という儀礼すら気づかないで選択することがあります。それは啓発に向けての必要なステップであり、したがって、すべての構築された現実の背後にひそむ真実を識別するためのものです。

あなたには、多くの異なる方法で創造の女神が微笑みかけていますが、光のきらめきや正しいこと、毎日感じる倦怠感は、スマートフォンやテレビ番組の教育から鳴り響く交響的なカコフォニーによって抑えられています。柔軟な心を持つ毎分、毎時、無限が毎日あなたを通り過ぎていきます。

Brainwashed Zombies on the Cell Phone - Land Of The Rising Son

マトリックスからの脱出が実感できるようになると、それは真実であり現実です。すべてのヒューマノイドはマトリックスの中に住んでおり、あなたの人生の事前プログラミングは実際の現実ではなく、構築された物語性の世界であり、この事実は真に超現実です。  

多くの日本人は、どのようにして本質的に空気の中に存在する建前を理解し、作られた現実を受け入れて、口先だけの敬意を払い、それに従うのでしょうか?  

二千年以上にわたり、大和の民族は有機的に進化し、地球やヒューマノイドのハードコアヒストリーの中で、最も古い連続したマトリックスと考えられる文化や社会の本質を体現してきました。  

Hardcore History

それでも、この手の届かないエスケープキーには一つ欠けている部分があります。たてまえには対となるものがあり、ほんねの知識もなく、永遠にエスケープキーもなければ、この物語は完全ではないでしょう。

日本人は厳格な社会的慣習に縛られており、流れるためには、たてまえの仮面は必須であり、日本のマトリックスを皆が見るために明らかにします。

日本人を区別するには、本音の適用、真の感情と意図であり、人間の性質を本能的に理解し、大きな社会的制約からの自由を、一族やコミュニティに人が集まるときに感じます。

Jomon Period Settlements - Land Of The Rising Son実際、日本人は愛国心の義務として、細かい社会的プロトコルに従うことが求められています。事実として、私たちは皆、日本人です。

本質的に日本人は、直感的にたてまえとほんねを利点として、生き生きと、無憂無慮に生きることができると理解しています。マトリックスの泥沼の中の労働者の観点から、あなたは現在、ほんねのエスケープキーを所持しています。

cybersensei__One_large_brass_key_floating

小さなこと

小さなこと

小さなこと

小さなこと

笑顔で幸せな新婚カップルと、誇らしげな新郎新婦の両親の顔にも、喜びが溢れていることでしょう。

おめでとうございます、お二人を夫婦と認めます、花嫁にキスしてください。

おそらく、日本人は原罪を背負うという概念がないので、結婚する前に、花婿はすでに、何度も花嫁にキスをしてしまっていることでしょう。

新婚夫婦にとって、一見ささいなことが、間違いなく非常に重要な問題に変化するということを、理解することが最も重要です。

日本人は伝統的に社会的な役割を担っており、他国からは保守的な国とみなされています。

神道結婚式 - Land Of The Rising Son

この現実は、日本の階級制度にとどまらず、地球上のすべての社会の生物学的な現実によって、常に明確に定義されているのです。

Harmony on earth - Land Of The Rising Son

昔「複合作用」という言葉を耳にしたことがあります。

当時は奇跡とも言える、非常に価値のある複合効果がありました。実際には、大きな変化をもたらした、小さな意図的な行為の蓄積にすぎませんでした。

しかし、それは諸刃の剣でもあります。

double edge sword - Land Of The Rising Son小さなことの積み重ねが複合作用を生み、それを抑えなければ、忍び寄るガンのように人間関係を感染させ、苦労や悪意、溝を生み出します。

これを軽減するのは簡単で、必要なのはただ一つの認識なのです。

小さなことの積み重ねが、大きなことを生み出すという普遍的な真理です。

Universal Truth - Land Of The Rising Son

日本人はこれを「塵も積もれば山となる」と表現しています。

多くの日本人がそうであるように、問題はすべて隠蔽され、存在しないかのように振舞うのですが、そうはな行きません。

気がつけば、蜜月はもう終わっているのです。

倦怠期夫婦 - Land Of The Rising Son

自分の愛と愛情の対象が、ゆっくりと他人に変わっていくのを見るという、長い時間がかかるプロセスが始まります。

それでは、愛情に満ちたパートナーシップの長期的な成功を示す最も重要なサインのひとつである、オープン・コミュニケーションについて考えてみましょう。

歯磨き粉とその蓋の話には、二つの正反対の意見があります。
Messy toothpaste - Land Of The Rising Son

昔は、歯磨き粉のチューブにはねじ込み式のキャップが付いていたため、離婚や悪意のある行為につながる危険性がありました。

ハネムーン期間中は、歯磨き粉のキャップは新婚夫婦の頭から最も遠いところにあるものでしょう。

夫婦円満 - Land Of The Rising Son

意図的でなかったとしても、キャップを元に戻さないという、一見無害な行為が、愛するパートナーの核心の部分を、意図的に侮辱されたと見なされる可能性があります。それは時間の経過とともに変化します。

結婚生活のこの重要な初期の分岐点では、真実で率直なコミュニケーション・プロトコルは、重要な結果をもたらすものです。

もしかしたら、遠い昔の潜在意識の中に、歯磨き粉とキャップにまつわるトラウマがあったのかもしれません。

Distant past and time - Land Of The Rising Son

人生で一番大切なことは、「キャップを元に戻さないことなのでしょうか」

キャップを正しい位置に戻さないというつまらないことが、永遠に続く悪意の波動を生み出すだけの価値があると思いますか。

この質問に対する答えは、明らかに「いいえ」です。

No Way - Land Of The Rising Son.jpg

もっといい、もっと生産的な、修辞的な問題があるはずです。

これは本当に衛生用品のようなありふれたものなのでしょうか。それとも、互いの欲求や必要性、願望を満たすように相手に懇願しているのでしょうか。

不快な言葉のやり取りを通じて正直で率直であることは、聖徳太子が日本の憲法で説いた、普遍的真実の古代の慣習に基づいて、長期にわたる調和のとれた氏族関係を築くための魂の道です。

Shotoku-Taishi - Land Of The Rising Son

その結果、最愛のパートナーだけでなく、自分自身にも愛と尊敬の念を抱くようになるのです。

人は変わりたいときにしか変われないことを忘れないでください。

change comes from within - Land Of The Rising Son

帽子を正しい方向に戻す人と戻さない人にの違いは、厳密に言えば個人的な問題です。

究極の人生の近道は、物事を別の角度から見ること、そして自分のやり方にこだわらないことなのです。

日本人は一般に柔軟性が無い民族と思われがちですが、実のところ現実的で、全体のためになることには、とても順応できる民族なのです。
Flexible Woman - Land Of The Rising Sonですから、帽子を被り直し、ごめんなさいと謝りながら、自分の人生を取り巻くカルマとエネルギーを、毎日を心から受け入れましょう。

本当に確実であり、確かなことなのですから。

そして、ありふれた歯磨き粉のキャップの話は、到底比較にならない問題となり、厳しい光と、独特の方法で必然的に対抗される重大な問題の下に消えていくことでしょう。

Clarity Over Time - cybersensei - Land Of The Rising Son

けじめ

けじめ

けじめ

けじめ

西洋の、白黒はっきりさせるという世界観とは異なり、日本では善悪は絶対的なものではありません。

人間関係、特にビジネスにおいて、その成否は様々な事情に左右されます。

もちろん、関係者の意向も含め、関係者、立場、タイミングなど、さまざまな要因によって、良い結果が得られるかどうかは変わってきます。

Win-win- Land Of The Rising Son

昔の日本では、「勝てば官軍」という普遍的な概念で善悪を判断し、その掟は今でもしっかりと残っています。

何が正しくて、何が間違っているのか、普遍的な真理はないのです。

この真理は、日本人の言語儀礼、特に「本音」と「建前」という伝達習慣に明確に反映されています。

honne-tatemae - Land Of The Rising Son

西洋人の目から見た真実は、日本では主観的であるように進化してきたのです。

日本人の感覚からすると、契約書という物は、弁護士の専門用語のような堅苦しいものではなく、あくまでも「柔軟性」と「改善」という重要な儀礼をもって、人間関係やプロジェクトの舵取りをするための大まかなガイドラインに過ぎないのです。

日本人の頭の中には、真実に対する解釈しかありません。

What Is Truth? - Land Of The Rising Son

そして、その結論は、無味乾燥で、非人間的な義務とは対照的に、お互いに有益な関係の中で、それぞれ実際の状況をどう解釈するかにかかっています。

これは、何千年にもわたって進化してきた「建前」と「本音」という社会的な儀礼が、日本の基礎であり、人類史上最高のレベルで社会が機能していることを物語っています。

Tokyo from SkyTree with Fuji San - Land Of The Rising Son

白黒の善悪の判断は、日本の政治的スキャンダルによく現れています。

right-and-wrong - Land Of The Rising Son

日本の政治は理念よりも政策に基づいており、政治家の最優先の政策は、政権に就き、政権に留まり、金銭的な利益を得て、家族、友人、支持者の面倒を見ることでした。

そのため、勝者のシステムを模した、寄生虫のような、それとも豚のような無意味な政治家のオンパレードになっているのです。

口紅をつけた豚とでも言うのでしょうか。この馬鹿者たちは、自分の不幸から、他人の時間と労働の果実である、税金を貪る方法を見出したのです。

Politicians are pigs -Land Of The Rising Son

階級間の移動と平等の概念は、西洋人の頭の中で作られた輸入概念であり、今も、そしてこれからも、日本人にとって異質な概念であり続けるでしょう。

「けじめ」の本来の意味は、「違い 」あるいは 「区別」です。

日本では、出る杭は打たれるので、他人と区別することは避けるのが普通だが、必要なときには、寄生虫をやっつけるために「けじめ」をつけるのです。

「けじめ」とは、ある人の行動を判断するために線引きされた、不適切に見えることを指します。

 土下座と謝罪ブーム - Land Of The Rising Son

公然と人を罵倒し、暗雲を漂わせる人物は、社会に大きな悪影響を与え、決して許されることはありません。

日本のビジネスの世界でも、特に大企業や公的機関のトップが「けじめ」をつけることはよくあることです。

企業のトップが大事故を起こしたり、環境を汚染したり、非難されるべき行動をとると、「けじめ」の対象となります。

メディアや市民から、その悪質な行為や市民と共有する環境に対する嫌悪感を糾弾されるのです。

hands-in-handcuff - Land Of The Rising Son

「けじめ」は単なる言葉ではなく、例えば、ある会社の従業員が団体で、経営者を許せないと判断した時、その追放運動を密かに行うなど、適切な場面で活用される概念でしょう。

日本人社員とうまくいかなかったり、日本人との共存共栄のための準備を怠っていた外国人駐在員を追い出すために、「けじめ」が使われることもあるのだから、常に意識して、空気を読まなければいけません。

日本語には、多くの暗黙のルールや社会的慣習があります。

Groups of Japanese children bowing to each other - Land Of The Rising Son

「けじめ」のような言葉の塊は、もはや謎めいた日本人の心の隅々まで行き渡ったと言えるでしょう。

日本人の非日常的な時代と心、古代文明の広大さ、日本人の壮大な歴史に触れることで、私たちは普遍的な心の隙間に触れ、自己啓発し、探求することができるのです。

香取神宮初詣 - Land Of The Rising Son

物質界

物質界

物質界

物質界

この世に生を受けたからには、生きることと死ぬことの二つが必要である。

人類の大半にとって、物質的な汚濁は、母なる地球でもう一日生きていくための日々の糧に過ぎない。

生まれた場所によって、また、銀のスプーンを口にくわえて生まれたかどうかによって、物質的な汚濁は大きく異なり、それぞれの状況は雪の結晶のようにユニークである。

Silver spoons - Land Of The Rising Son

恵まれない境遇に生まれた人たちを考えてみよう。

The child miners of Congo - Land Of The Rising Son

ここでは、現代の「文明」という構造の中で、大多数の人間が「進歩」という抽象的な概念のために搾取され、実際に犠牲になっているのである。

ジャングルへようこそ。80年代の安っぽいポップ・キッチュが歌ったように、ここでは毎日が悪化の一途をたどっている。

keep-calm-and-welcome-to-the-jungle - Land Of The Rising Son

念のため。この記事の著者は、ディストピアのジャングルという幼稚な概念には与しない。たとえ、多くの白痴や詐欺師、そして非常に不機嫌な上司が、日の出の下の旅で必然的に出会うことになろうともだ。

Caricature of a moron - Land Of The Rising Son

ここで、自分の可憐な祖母が知っていた古い格言が、今、あなたに伝えられ、接着剤のように固着していることを望みますが、これはとても真実だからです。

願いが馬なら、乞食は馬に乗るだろう。

if wishes were horse beggars would ride - Land Of The Rising Son

現実の光に照らされても、人生は不公平だという事実は変わりません。

悲惨なことに、貧困の連鎖の中に生まれ、主人(地元の下僕と、闇のカーテンの向こうからレバーを引く影の「株主」)に隷属する貧困な人生に、多くの希望はない。

Corruption of capitalism - Land Of The Rising Son

まれに、人生は計画された出来事の連続であり、自律的な人生は認識されたことがなく、日本人の古来の物語を明確にする社会的構築物の負担を担うために生まれてきた。

日本社会の厳しさは、天皇のスパルタンな生活にも表れている。

当時の天皇陛下は、天皇になるとはどういうことかという質問に対して、次のようにお答えになった。

Emperor Akihito With Empress Michiko - Land Of The Rising Son

「ロボットみたいなものです」。

Astro Boy - Land Of The Rising Son有名な芸術家、金持ち、有名人、ハンサムな人、王子、そして王様になるのはどんな感じだろう。

遠くから見れば、富と権力と名声は魅力的に見える。しかし、一旦蓋を開けて、客観的に内側を見てみると、その話はあまりにも身近なものであった。

Trial-Pics-michael-jackson - Land Of The Rising Son

昔、何度目かの「7回倒せば8回起きる」プロトコルを発動して、ようやく現実を受け止めた。

自分が生きたい世界、後進に残したい世界を思い描きながら、構築されたドロドロの世界を生きていく。

人生はゲームであり、弱肉強食であることを理解すれば、堕落した狂気の動物や、よだれを垂らす愚か者や、おばあさんをだますことを何とも思わない人たちに直面しても、十分な準備ができるはずだ。

オレオレ詐欺 - Land Of The Rising Son

母なる地球の大気圏に突入する状況は、天照大神の独断で決定されます。天照大神は人類共通の太陽であり、生命を与える光線によって人類を互いに結びつける神の星です。

最終的に、人は意識的に、すべてのもの、すべての生命、死の本質、生命のはかなさ、究極の平等の必然性、そして最後の扉への到着に感謝することを選択しなければならないのです。

Death at the Door - Land Of The Rising Son