マトリックスからの脱出

マトリックスからの脱出

マトリックスからの脱出

映画「アルカトラズからの脱出」に描かれているように、このマトリックスの表現から抜け出すためには綿密な計画が必要です。ネオ&トリニティーのように、エージェントの佐藤&鈴木が常にあなたを監視しています。  

また、我々の中には、個人てきな創造の女神と協力して働く自律的なヒューマノイドがいますが、認識されて初めてその束縛を解き放ち、他者のシミュレーションゲームのマトリックスから脱出することが必須となります。  

cybersensei__Green_matrix_back_ground_Japanese_salaryman

では、マトリックスとは具体的には何でしょうか?  

マトリックスは、誰もが口先だけの敬意を払うように作られた現実です。これはすでに日本人のDNAに根付いた考え方であり、日の出る国としての建前の儀礼として現れています。  

壮大な建前の概念を理解することで、我々わマトリックス内の正確な位置を認識し、この地上のイラストレーションにおける構築されたライフステーションからの出口ポータルを明確にすることができます。

cybersensei__Abstract_picture_of_earth_with_a_large_open_door

ヒント ٩(ε )۶

もしあなたが日本人であるか、日本の社会的儀礼を自分の核として統合したいと考えているが、建前の基本的なプロトコルを理解していない場合、KYすなわち空気が読めない人として位置付けされるでしょう。  

驚きのため石化され、悪意のある教育や無意識の教義への固執の重みにうめき声をあげる人口の中で、空気が読めないクラスは増え続けています。 

cybersensei__Lost_humanoids_wandering_in_the_open_desertよくあることですが、完全に拒絶する、またはそれ以上に悪いことに、空気を読むことの基本的な、建前という儀礼すら気づかないで選択することがあります。それは啓発に向けての必要なステップであり、したがって、すべての構築された現実の背後にひそむ真実を識別するためのものです。

あなたには、多くの異なる方法で創造の女神が微笑みかけていますが、光のきらめきや正しいこと、毎日感じる倦怠感は、スマートフォンやテレビ番組の教育から鳴り響く交響的なカコフォニーによって抑えられています。柔軟な心を持つ毎分、毎時、無限が毎日あなたを通り過ぎていきます。

Brainwashed Zombies on the Cell Phone - Land Of The Rising Son

マトリックスからの脱出が実感できるようになると、それは真実であり現実です。すべてのヒューマノイドはマトリックスの中に住んでおり、あなたの人生の事前プログラミングは実際の現実ではなく、構築された物語性の世界であり、この事実は真に超現実です。  

多くの日本人は、どのようにして本質的に空気の中に存在する建前を理解し、作られた現実を受け入れて、口先だけの敬意を払い、それに従うのでしょうか?  

二千年以上にわたり、大和の民族は有機的に進化し、地球やヒューマノイドのハードコアヒストリーの中で、最も古い連続したマトリックスと考えられる文化や社会の本質を体現してきました。  

Hardcore History

それでも、この手の届かないエスケープキーには一つ欠けている部分があります。たてまえには対となるものがあり、ほんねの知識もなく、永遠にエスケープキーもなければ、この物語は完全ではないでしょう。

日本人は厳格な社会的慣習に縛られており、流れるためには、たてまえの仮面は必須であり、日本のマトリックスを皆が見るために明らかにします。

日本人を区別するには、本音の適用、真の感情と意図であり、人間の性質を本能的に理解し、大きな社会的制約からの自由を、一族やコミュニティに人が集まるときに感じます。

Jomon Period Settlements - Land Of The Rising Son実際、日本人は愛国心の義務として、細かい社会的プロトコルに従うことが求められています。事実として、私たちは皆、日本人です。

本質的に日本人は、直感的にたてまえとほんねを利点として、生き生きと、無憂無慮に生きることができると理解しています。マトリックスの泥沼の中の労働者の観点から、あなたは現在、ほんねのエスケープキーを所持しています。

cybersensei__One_large_brass_key_floating

現世を生きるとは

現世を生きるとは

現世を生きるとは

現世を生きるとは

生命とは、父親と母親という他人同士の結び付きから始まります。どんなに異常な時代に生きていようと無かろうと、全ての人間に共通する現象です。

生まれる事、そして死ぬ事、この二つだけは確かなことだと言われています。

Human Life Cycle - Land Of The Rising Son

生まれて間も無く、本格的な洗脳が始まりますが、これらの幻想的な物語には、永遠の命が約束されているののが通例です。

実に世界人口の半数以上が、霊的な死後の世界を信じています。その部分だけ見れば、原理的には、それほど悪いことではないでしょう。

問題の核心は、現世より、天国に行ってからの明日の方が幸せになれるという神話的な約束のために、この現世での素晴らしい生活を諦め、捨ててしまう人間達がいることにあります。

地蔵 - Land Of The Rising Son

しかし、私たちが明日まで生きる保証はどこにもありません。

現世では、群衆は長く死んだ思想と堕落した神々を崇拝し、祈り、対価を支払わなければならなりません。特に、三つの荒廃した教義は、もはや人間性を満たしていないことは明らかです。

世の中を見渡してみて下さい。ひどい偽善が世界中で繰り広げられているのを見ることができます。詐欺師や偽預言者が富、栄光、名声、権力欲しさに、騙されやすい人、惨めな人を捕食しているのです。

Jimmy Swaggart representing fraudulent Christians - Land Of The Rising Son
宗教的な洗脳による、意図的な悪の極端な例として、弱い立場の若者を自爆テロの実行犯に仕立て上げ、罪のない人々を殺害し破壊し、巻き込みながら、自らをも自爆させるようなものが挙げられます。自爆テロの犯人は、天国で72人の処女が待っていると信じながら、自身の命をも蒸発させるのです。

72 virgins waiting in heaven - Land Of The Rising Son

悪事を働くよう誘導する詐欺的な聖職者は私達に、他者への憎悪を教義として吹き込み、自らの布告と命令によって、私達が本来持っていた教義の無効性を強固にし、自らが人類の敵であり、全ての約束を明らかにしてきます。

人生は短く不快なものとされていました。そして二枚舌の神のお告げにより永遠の命を約束され、制御プロトコルが開始され、涅槃での豊かな暮らしという偽りの約束で、惨めな大衆をなだめまるのです。

The Concept of Heaven - Land Of The Rising Son

一方、独創的な考えを持つ勇気のある者は、もっと厄介な運命に見舞われることになります。しかし、その人達は、処女崇拝や、何千年も前に生まれた赤の他人を崇拝したり、その他人が神と呼ぶものを永遠に崇拝する事はないでしょう。

個人と組織の利益のために偽の神を示しながら、自らを神託者とした人々は、信者達を「群れ」と呼び、個人を「羊」と呼んでいることを知っていますか。

そして羊は、羊毛を収穫するために生かされ、年をとり羊毛が取れなくなると、最後にはラムチョップにされてしまうのです。それにも気がついていますか。

Lamb Chops - Land Of The Rising Son

しかしながら、自分の行動を抑制しながら人生を歩む、より現実的な方法があります。

それは、祖先崇拝という実用的なプロトコルです。

家族一族共同体の否定を求める時代遅れの教義とは対照的に、祖先崇拝とは実用性にも、はるかに深い落ち着きを見出すことができる概念でしょう。

ロレンス氏神の神棚 - Land Of The Rising Son

先祖様は今、この素晴らしい世界に住む特権を持つ子孫のために、素晴らしい道を切り開いてくれました。

この世界は、血と汗と涙を流しながら、不屈の精神と忍耐によって築かれた先人たちが息づくものなのです。

このような認識を持てば、遠い国の金と権力だけを原動力とする偽りの神々に、忠誠を求める教義の無意味さを捨て去ることが賢明であり、決して赤の他人が救済してくれる事は無いと気がつくでしょう。

Warmonger Obama And The Unholy Pope - Land Of The Rising Son

救いとは、鏡を見て、その中に自分の先祖を見るときにのみ存在するのです。

自分の存在理由は、先祖のおかげであることが深く理解できるのです。

過去の鎖と、知らず知らずの内に教え込まれた時代遅れの教義から解き放たれなさい。

現代の苦しみと分裂を生み出している、独断的な偶像と、それを広める愚かな人間達を信じるのことを諦め、ご先祖様を敬いなさい。

War Criminals George W Bush - Donald Rumsfeld - Dickwad Cheney - Land Of The Rising Son

人は、自分の先祖に目を向け、道徳や倫理は、曾祖母や祖父が、私達の一歩一歩を見守ってくれていることから生まれるのです。

自らの行動は、先人たちに敬意を払い、自分の家族、一族、コミュニティの基礎を築くために歴史を旅してきた彼らの苦しみを認識し、正しいことをしたいという、生来の欲求に導かれた結果だという事を決して忘れてはいけません。

Clarity Over Time - cybersensei - Land Of The Rising Son

神をも恐れぬ

神をも恐れぬ

神をも恐れぬ

神をも恐れぬ

日本古来の伝統的な価値観や行動は、キリスト教化された文化圏で育った人たちとは根本的に異なる、驚くべき方法がある。

1543年、ポルトガル人貿易商を乗せた中国の船が航路を外れて日本に入港したため、西洋人と日本人の最初の接触は九州沖の小さな島、種子島で起こったと記録されている。

種子島 地図 - Land Of The Rising Son

日本人はここで初めて銃器、火薬、タバコを手に入れたのである。

この島の領主は、ポルトガルの火縄銃に感激し、職人に命じて鋳造所を作らせ、これを複製させたという。

このように、異国から新しいものを取り寄せ、それを日本独自のものに作り上げるという日本人の気質は、多くの場合、あらゆる面で優れているのである。

Japanese Tanegashima Matchlock Arquebus - Land Of The Rising Son

しかし、このような見事な職人技と理解力にもかかわらず、西洋人の目には、日本人は道徳や倫理観がないと映っていた。

小泉八雲が「おとぎの国」と表現したように、純血主義の外国人宣教師が初めて日本にやってきた時の衝撃を想像してほしい。

日本人の態度や行動は、性的なものを含め、ほとんどの現実的な問題において、農耕民族である島国らしく、自然と根本的に一致しているのである。

Japan Satellite Map - Land of The Rising Son

今日でも、日本人は裸やセックスを罪深いこと、恥ずかしいこととは思っていない。

このことは、日本各地に点在する温泉でのんびりと露天風呂を楽しんでいると、よくわかる。

掃除のおばさんが、裸の男性客と談笑している姿は、一風変わった映画のワンシーンとしか言いようがないほどシュールだった。

掃除のおばさんも、今日はいい天気ですねと言いながら、一人で樽風呂に浸かっていると、温度計をチェックしてくれる。

外たる風呂 - Land Of The Rising Son

私たちの身体と魂の美しさと神性の反映であるヌードに関する西洋のキリスト教的な恥や罰のプロトコルを克服することができたので、問題はありません。

このような日本人への批判は、その後400年間続くことになる。

このように、西洋のキリスト教徒は、日本の文化や生活様式に優越感を持ち、自然の流れや自分の祖先から切り離すことを提唱しているのです。

西洋の道徳と日本の道徳の違いについて、より実際的な理解がなされるようになったのは、1900年代半ばのことである。

この2つの異なるシステムの違いは、2つの文化を支配する宗教体系に直接結びついている。 

日本人は、キリスト教の神話的な物語のような意味での「宗教的」な存在ではなく、またそうであったこともないことを心に留めておいてください。

西洋では、キリスト教とその教義は、善と悪、善と悪という絶対的な原則に基づいている。

Good and Evil - Land Of The Rising Son

これはキリスト教の支配的な哲学的、精神的な力であり、西洋人が子供の頃から叩き込まれた詳細な思考と行動の規範を具現化したものである。

さらに不愉快なことに、すべての思考と行動は、一人の、全知全能の神によって規定され、裁かれたのである。 

The Holy Trinity - Land Of The Rising Son

欧米人はあらゆる面で判断するように仕向けられました。すべての思考や行為に善悪のレッテルを貼り、道徳的である、または不道徳。

人生に関わるすべての戒律は、このような絶対的な言葉で表現された。

これらのマモンの規範は、私たち共通の人間性から精神と魂を吸い取る道徳的に破綻した宗教的寄生虫に何世代にもわたって仕えるために作られたものです。

Mammon and the Greed of the Christian Church - Land Of The Rising Son

西洋の生活は、十戒に始まる絶対的な原則によって支配されていた。 

洗脳されたキリスト教徒である西洋人は、これらの戒律のどれかを破ると、たとえその「不品行」が他人にはわからないものであっても、感情的・精神的苦痛を受けるように仕向けられたのである。

Catholic Nun Corporal Punishment - Land Of The Rising Son

この全知全能の神、あるいはより現実的に「国家」に変身したものは、あなたがいたずらっ子かいい子か知りたがっていて、陪審員、裁判官、死刑執行人として、適切と思われるように、確実に肉弾戦と復讐を行うのである。

The prime directive of Western culture was that everyone should be conditioned to automatically distinguish between right and wrong as

prescribed by the Church. 

西洋文化の主要な指令は、すべての人が自動的に善悪を区別するように条件付けされることでした教会が定めた 

しかし、これによって「良い」行動、あるいは人間らしい行動が保証されたことはなく、西洋、特に米国が犯した悪事の多くは、今でも宗教の名の下に行われている。

Jesuit Tyranny - Land Of The Rising Son

一方、日本には全能の神というものは存在しない。 

日本には7世紀から伝わる独自の憲法があり、より実践的で実利的な考え方で人生を歩んでいる。

Taishi Shōtoku - Land Of The Rising Son

絶対的な真理を説く宗教書もない。 

日本人のルーツは、形の秩序やプロセスに関する細かいガイドラインにある。

しかし、それは社会的地位、立場、性別、人間関係などの問題であって、宗教的な信条とはまったく関係がない。

日本人の場合、最終的な権力は神ではなく、集団の中にあった。 

Japanese fans cleaning up the stadium after soccer match - Land Of The Rising Son

日本人が最も恐れるのは、集団の一員である個人の意見や判断であり、大多数の意見と上司の意向に沿うように最善を尽くさなければならない。

文化的な背景としては、状況が平和であったときには、何が真実で道徳的であるかは、集団の多数派によって決定されていた。

この合意形成の精神は、日本人の精神に深く刻み込まれており、日本人が生来持っている基本的なプロトコルである。

紛争や混乱の時代、権力の中心が変われば、真理や道徳も新しい状況に適合するように変化する。

つまり、徳の高い日本人とは、社会制度が求める礼儀作法をすべて守り、集団の中で調和を保っている人たちだったのです。

土下座 - Land Of The Rising Son

日本人の心理構造には、絶対的な善悪というものは存在しない。

あるのは、多くの人々の直接的なニーズだけである。

多数派のニーズに応えるものが善であり、そうでないものが悪であった。

この状況的道徳の延長線上に、日本社会における集団指導者の利益となるものは、集団構成員にとっても良いものであった。

確かに、キリスト教の善悪絶対主義を教え込まれた最初の西洋人は、日本人の状況的、人間中心的な道徳観に出会ってショックを受けた。

日本人は、仏教、儒教、道教、神道を融合させた「和の心」を持っています。

神道・儒教・仏教・道教 - Land Of The Rising Son

日本人は、独断的な砂漠の神が、日本民族や日本の一族に主観的な永遠の裁きを下す必要はありませんし、またそうすることも望んでいません。

神棚や仏壇から先祖代々の氏族が見守っているだけでなく、日本人は私たちのタテ社会の厳しさに対処し、その集団の形式、秩序、プロセスを守らなければならないのです。

Japanese Symbol of Peace and Harmony - Land Of The Rising Son

とはいえ、日本人はこの厳しいヒエラルキー社会で生きていかなければならない。日本人の道徳規範は、7世紀の憲法によって日本人のDNAに刻み込まれたものである。

日本人は、1945年に米国が導入した民主主義の原則を、日本古来のモラルコードに組み込んで、今では単にザーシステムと呼ばれるようになった。

香取神宮 - Land Of The Rising Son

新生ーキリスト教

新生ーキリスト教

新生ーキリスト教

新生ーキリスト教

生まれたばかりの子供の無邪気な姿は、何ものにも代えがたいものです。

ですが、ほとんどの場合、無邪気さは突然終わり、真摯な教化が始まります。

西洋文化の中で育った少年たちにとって最も不幸な事は、鋭いナイフで性器を切り刻む、割礼という洗脳による儀式から始まります。

割礼、一般的には女性器切除として知られるこの行為は、死人のような自称神官や権威ある神官から、敬虔の名の下に行われています。

Cleave Off The Foreskin-The Unkindest Cut Of Them All - Land Of The Rising Son

古臭い儀式を推奨し、神と直接のコンタクトがとれると主張する人物は、精神疾患や被害妄想に苦しむ患者として疑うべきでしょう。

さらに、神や奇跡という幻想的な寓話は、選ばれた「神の民」のために、キリスト教では「羊」と呼ばれる群れを犠牲にして、物欲の神によって創造されたものなのです。

大多数の羊の運命に思いを馳せましょう。

アーメン。

Flock Of Sheep - Land Of The Rising Son

明らかに、社会的弱者のための道標であった本来のイエスのメッセージは、今やもっと邪悪な意味を帯びてきているのです。

「神の民」を動かしている裸の欲は、明らかにこの人間世界の物質的な汚濁に根ざしているので、誰の目にも詐欺である事は明らかでしょう。

補足ですが、蚤の市の人々は総収入の10%を蚤の対象から徴収しています。

さらに心が痛むことに、騙されやすい大衆は、死後の世界、いわゆる「天国」での幸福を信じているのです。

Joel Osteen-Charlatan And Fraudster From Heaven - Land Of The Rising Son

キリスト教も他の全ての進化と変わりません。

現代のキリスト教徒は、自分自身の意志を放棄することで、死んだ神話として明確に否定されることを理解しているのでしょう。

「天国」についての信憑性と誤謬性については慎重に検討される必要があります。

キリスト教の教義によれば、イエスを個人的な救い主として迎え、子羊(イエス)の血によって洗われなければ、「天」の国に入ることはできないのです。

The Rapture and the Second-coming-of-Jesus-Christ_Heaven-Opened-up-Delusion or Fact - Land Of The Rising Son

これは極端な排他主義であり、反人間主義だと言えます。

キリスト教の教義をそのまま受け取れば、ほとんどの日本人は地獄へ直行することになります。

この愛と調和(皮肉)のメッセージは、今日でもキリスト教のある領域で広まっています。

さてそれでは、宗教に関係なく、普遍的に適用できることを考えましょう。

見た目だけで人を判断してはいけません。

古事記と日本書紀 - 隼??JAPAN - Land Of The Rising Son

日本人は他人を裁くことはありません。私たちは縦社会に存在していて、そのような必要がないからです。

複雑な社会における日本国民それぞれの居場所は、あらかじめ決まっていて、自然な流れとして受け入れられているのです。

日本はつい最近まで太平洋の真ん中にある孤立した島国でした。(ペリー提督と日本[1853-1854])

Commodore Perry Black Ship - Land Of The Rising Son

1603年から1867年までの鎖国時代、イエズス会の脅威にさらされながらも、日本人の精神は打ち勝ったのです。日本人のたくましさは侮れません。

小泉八雲は代表作『日本解釈の試み』の中で、このように話しています。

「日本人は自身の祖先と縁を切ってまで、遠い国の宗教の神を信じるような事を、真っ向から否定しているのが見てとれる。」

八雲が日本の産業革命の時代に見たものは、日本人が「宗教家」ではなく、実は「祖先崇拝の道」を堅持しているということででした

香取神宮 - Land Of The Rising Son

また、日本人は形式秩序プロセスを重視します。その面で言うと、それはほとんど宗教的と言えるかもしれません。 

日本人は全ての人を歓迎します。聖地日本を訪れる際には、いくつかの常識的なプロトコルを認めてもらうだけでいいのです。

他人を尊重する
マナーを守る
先祖を敬う
人生のはかなさ
生かさず殺さず

香取神宮へようこそ - Land Of The Rising Son

「日出づる国」については、以下のページもご覧ください。

(あ)日本人は愛についてどう考えているのか。愛してるよりも大好きなあなた

(い)平凡なビジネス文書になぜ認印が必要なのか?「全能のハンコ」でご確認ください。全能のハンコ


(う)最重要映画評論家、淀川長治の知られざる一面。淀川長治


(え)メリカンビュッフェなどとは違います。豚のモツ焼き。ものすごく臭くて美味しいくさや。日本ならではのファミリーレストラン、「秋田屋へようこそ」秋田屋 – 日本一の串焼き屋


(お)日本も古き良きアメリカのようになるのか?日本のミッキーマウス化。日本のミッキーマウス化


(か)好むと好まざるとにかかわらず、あなたはあなたが食べているもので作られています。あなたのご飯にラウンドアップはいかが?フランスで禁止・日本は合法?


(き)喜びを伝える地上の天使、上原ひろみとは?音楽の女神上原ひろみ


(く)神風パイロットに会えることは、一生に一度もないでしょう。私の友達と神風特攻隊


(こ)「妻は(良い)魔女なのか?」妻の魔法とは?私の奥様は魔女だったのです

剣・宝石・鏡

剣・宝石・鏡

剣・宝石・鏡

剣・宝石・鏡

すべての文化は、それぞれの宗教と文化のスペクトラムの中に、意味のある象徴を散りばめています。

仏陀Great Buddha of Japan - Land Of The Rising Son

シヴァ神Shiva - Land Of The Rising Son

キリストchrist hanging on the cross- Land Of The Rising Son

その他、古代の神話に表されたシンボルは数え切れないほどあります。

religious symbols in peace - Land Of The Rising Son

これらの昔話の多くは今もなお生き続けており、そして多くの信奉者に影響を与え続け、世代を超えて遠い昔の深い教義に服従させ続けています。

日本のルーツ、そして日本人が信じている日本社会のモラルと基盤は、日本の3つのシンボルに基づいて正確に説明することができます。

日本人の三種の神器は、人間にとって必要なものを的確に表現しており、有意義な人生を送るための三本柱と言えるでしょう。

剣・宝石・鏡


厳しい人生訓があるように、人を見抜く力の重要性は軽視できません。

そこで登場するのが、自分の家族や地域社会のためにならないものを冷酷に切り捨てる「剣」です。

実際、剣はいろいろな使い方ができます。

自分が選んだが、やめられない問題や、道が誤っていたら、それを切ることができるのです。

もしあなたが離婚して最後に家を出る時、未知なるものへの恐怖を切り払うために使うことができるのです。

人は親族を選ぶことはできないが、親族を遠い不愉快な記憶として切り離し、長い間忘れることができます。

負担や余分なものを切り捨て断捨離した後、自分自身の人生、家族、コミュニティーのために再出発することができます。

日本刀 - Land Of The Rising Son

宝石
安定した家庭とコミュニティを築くには、富に対する成熟した理解が必要であり、コロナの時代における砂の移動と潮流の変化の上に、強固な基盤を築くため、富をどのように規定できるかを理解する必要があります。

今ここで私たちは、共通の太陽の下で同じ志を持つコミュニティをグローバルに築きながら、共通の人生をつなぐ機会を得ているのです。

Sharing Prosperity - Land Of The Rising Son


昨日と今日、この人は同じ人ですか?

それとも、時を超えた一日は、誰かにとって永遠に失われ、無駄になってしまったのでしょうか?

この鏡の内側には、すべての創造物の魂が映し出されています。

私たちを取り巻く世界は、まさに鏡なのです。

この鏡は、私たちが毎日つけている仮面に関係なく、真実を映し出します。

mirror into the soul - Land Of The Rising Son

日本人は、今日まで日本を動かしてきた死者のルールに従って、意図的に、現実的に生きています。

日本人は宗教的であると言えるかもしれません。

自分の家の「剣」「宝石」「鏡」がどうなっているか確認してみてはいかがでしょう。

Clarity Over Time - Land Of The Rising Son

纏め

纏め

纏め

纏め

パトリック・ハーン(小泉八雲)は、その歴史的著作『日本、解釈の試み』の中で、日本の社会史の一般的な考え方と、日本の人々の性格を形成し、和らげた諸力の一般的な考え方を示唆しようと努めた

Japan, An Attempt At Interpretation - Land Of The Rising Son

しかし、日本はその宗教的、社会的進化の研究を通してのみ理解できるという事実は十分に示されている。 

日本は、東洋の社会が西洋文明の外見的な形態をすべて維持し、西洋の応用科学を疑問の余地のない効率で利用しているという驚くべき光景を私たちに見せてくれる。

30年という時間の中で何世紀もの仕事を驚異的な努力で成し遂げ、しかも社会学的には、古代ヨーロッパでキリスト教時代に何百年も先行した段階にとどまっているのである。

しかし、その起源や原因を考えても、人類進化過程心理的にまだ私たちから遠く離れているこの不思議な世界を考える喜びが薄れるはずはない。 

旧日本軍の残骸の不思議さと美しさは、それを生み出した状況を知っても減じることはない。 

古くからの親切で優美な礼儀作法は、千年もの間、剣の刃の下で培われてきたことを知るからこそ、私たちを魅了し続けることができるのである。 

ほとんど普遍的な礼儀正しさや喧嘩の少なさは、何世代にもわたって人々の間のすべての喧嘩が異常なほど厳しく罰せられ、そのような弾圧を必要とした復讐の習慣が、すべての人の言動慎重にさせたことを知ったからといって、その魅力が薄れるはずはない。

Japanese Bowing To Each Other

大衆の笑顔は、対象階級の過去において、苦痛の中で笑顔を見せないことが取りになりかねなかった時代のことを聞かされているだけに、それほど魅力的でないように見えるはずはないのだ。

この古い文明の名残であるオールドジャパンは、言葉にできない魅力に満ちており、その魅力が徐々に失われていくのを目撃することは、その魅力を感じてきた者にとって悲しむべきことであろう。

芸術家や詩人の心には、かつてこの妖精界支配し、その魂を形作った無数の制約が、どんなに耐え難いものに見えても、その最高の結果を賞賛し、愛さずにはいられないのである。

古い習慣の簡素さ。

礼儀作法の愛想のよさ。

習慣の可憐さ。

快楽を与える際に発揮される繊細な機転

どんな状況下でも、人格の最良かつ最も輝かしい側面だけを外部に提示する不思議な力。 

個人を認めない社会規律の結果に、私たちは本当に魅了されているのだろうか。

個性の抑圧を強要するカルトに魅了されているのだろうか?

Japanese Woman of Dignity and Honour - Land Of The Rising Son

いや、そうではない。

その魅力は、この過去のビジョンが、過去や現在をはるかに超えるものを私たちに示していること、つまり、完全な共感の世界における、より高い未来可能性予感させるという事実によって生み出される。 

何千年も経てば、古代日本の理想が予見した倫理的条件を、決して幻影を残すことなく達成することのできる人類が生まれるかもしれない。

本能的な無私の心、他人のために幸せ作ることに人生の喜びを見出そうとする共通の願い、そして道徳的な美に対する普遍的な感覚。

そして、人間が現在をはるかに凌駕し、自らの心の教え以外の規範必要としなくなったとき、まさに神道の古来の理想が最高の形で実現されることになるのだ。

昔の日本は、私たちのはるかに進化した社会が何百年もかけて望むよりも、最高の道徳的理想の達成に近づいていたのだ。 

秋の霧の朝の橋での日本のカエデ木 - Land Of The Rising Son

利他主義に支配され、攻撃性や狡猾さを失った民族が、競争や戦争の規律によって鍛えられた民族に対抗することは、現在世界情勢では不可能である。

将来の日本は、普遍的な戦いにおいて成功するために、その性格のうちで最も愛想のない資質に頼らなければならず、それを強く開発する必要がある

日本の真の強さは、農民、漁民、職人、労働者、田んぼで働く忍耐強い静かな人々、あるいは最も卑しい工芸品や職業に従事する人々の道徳的性質にあるのだ

この闘争の時ほど古代の信仰が強かった時はない。ロシアの権力は、リピーターライフルホワイトヘッド魚雷よりも、この信仰を恐れることが非常に多くなるだろう。

WHITEHEAD TORPEDO - Land Of The Rising Son

愛国心の宗教としての神道は、公平さが許されるなら、極東全体運命だけでなく、文明未来にも影響を与えるに十分な力である。

日本人が宗教に無関心であるという発言ほど、不合理な主張はないだろう。 

宗教は、これまでと同様、日本人の生活そのものであり、あらゆる行動の原動力であり、方向づける力である。

行いと苦しみと偽善のない宗教である。

そして、宗教によって特に発達した資質は、まさにロシアを驚かせた資質であり、いまだロシアに多くの痛ましい驚きを与えているのかもしれない。

ロシアの脅威を前に、大和魂が再びよみがえる。 

Japan Russia - Land Of The Rising Son

日本は、ロシアの戦艦や銃剣よりも、比較にならないほど英米資本恐れている

軍事力の背景には、1000年にわたる鍛錬された経験があり、工業・商業力の背景には、半世紀の経験がある

新しい統治形態と新しい社会活動の条件のもとで、古代規律をまだ多く維持することができたからこそ、日本は強くあり続けることができたのである。 

しかし、このようにしてでも、最も堅実で抜け目のない政策によってのみ、日本は災難を回避することができ、異質な圧力の重圧による社会構造全体の崩壊を防ぐことができたのである。

大きな変化を起こすことは必須であるが、それが基礎を危うくするような性質のものであってはならないことも同様に必須であった。

差し迫った必要性に備える一方で、将来の危険に備えることが何よりも必要であった。

おそらく人類の文明史上、これほど巨大で、複雑で、どうしようもない問題に対処する必要に迫られた支配者は、かつてなかったことだろう。 

そして、これらの問題のうち、最も不可解な問題が解決されずに残っている。 

それは、日本のすべての成功は、これまで義務と服従という古い神道の理想に支えられた無私集団行動によるものであったが、日本の産業の将来は、全く逆の種類のエゴイスティックな個人の行動に依存しなければならないという事実によってもたらされるものである。 

Commodore Perry Black Ship - Land Of The Rising Son

では、古代道徳と古代の信仰はどうなるのだろうか。

今後、古い家族の絆がさらに徐々にゆるみ、さらなる崩壊をもたらすことは間違いなさそうだ。 

日本人自身の証言によれば、このような崩壊は、現在の戦争に先立って、大都市の上流階級と中流階級の間で急速に広がっていた。

農業地帯の人々や田舎町でさえ、古い倫理的な秩序はまだほとんど影響を受けていない。

そして、崩壊のために働いているのは、立法上の変化や社会的な必要性よりも他の影響もある。

古い信念は、より大きな知識の導入によって無骨に揺さぶられることになった。

新しい世代は、27千の小学校で、科学の初歩と現代的な宇宙観とを教えられている。

どのような状況下でも、宗教はゆっくりと衰退し、最も保守的な宗教形態が最後に崩壊に屈するのである。

祖先崇拝が外的な影響から大きな影響を受けていると考えたり、神聖な慣習の力だけで存在し続け、大多数の人がまだ信じているからではないと想像したりするのは、重大な誤りであった。

いかなる宗教も、とりわけ死者宗教は、それを発展させた民族の愛情をこのように突然失うことはありえない。

神棚- Land Of The Rising Son

確かに、ある種の懐疑論が流行し、過去を軽蔑することが気取った若者たちが増えているが、そうした若者たちの間でも、家庭の宗教を軽んじる言葉は聞かれない。

親孝行の古い義務に対する抗議や、家族のくびきの重さの増大に対する不満が語られることはあっても、家庭教義が軽々しく語られることは決してないのである。

神道の共同体やその他の公的な形式に関しては、古い宗教の活力は、絶えず増加している神社の数によって十分に示されている。 

1897年の神社数は191,9621901年の神社数は195,256であった。

近い将来に起こるであろうこのような変化は、宗教的というよりも社会的なものである可能性が高いと思われる。これらの変化が、さまざまな方向で親孝行を弱めることはあっても、先祖崇拝そのものに深刻な影響を及ぼすと考える理由はほとんどない。

家族さは、生活の困難さと費用の増大によって増し、個人にとってはますます軽くなるかもしれないが、死者に対する義務という感情は、いかなる立法によっても廃することはできない。

この感情が完全に失われたとき、国民心臓は鼓動を停止していることだろう。

古い神々を神として信仰することは、ゆっくりと過ぎ去るかもしれないが、神道祖国宗教として生き続けることができる。

香取神宮へようこそ - Land Of The Rising Son

英雄と愛国者の宗教であり、そのような将来の変化の可能性は、多くの新しい神社の記念碑的性格が示している。

近年、日本は個人主義の福音を切実に必要としていると主張され、多くの敬虔な人々は、日本がキリスト教に改宗すれば、個人主義を生み出すのに十分であると思い込んでいる 

この仮定は、数千年の間にゆっくりと形成された国の習慣や感情様式が、単なる信仰の行為によって突然に変えられるという古い迷信以外に、何の根拠もないものである。

日英同盟の宣言以来、西洋の宗教に対して政府が以前維持していた安全な保守主義の態度は、著しく軟化している。

しかし、日本国民が公式の奨励のもとに異質な信条を採用することがあるかという問題については、社会学的な答えが明らかであると思う。

社会の基本的な構造を理解すれば、性急な変革を試みることの軽率さと、それを実現することの不可能性が等しく明らかになるはずである。

少なくとも現在のところ、日本における宗教問題は、社会整合性問題であり、自然な変化を促そうとする努力は、反動と無秩序を引き起こす結果にしかならないのである。

Jesuit Tyranny - Land Of The Rising Son

私は、日本がこれまでよく働いてきた慎重な政策をあえて放棄することができる時期は、はるかに遠いと考えている

私は、日本が西洋の信条を採用した日に、その永続的な王朝は運命づけられ、日本外国資本にその土地の1ルードでも所有する権利を与えるたびに、回復の見込みのない生得権に署名するのではないかと、恐れずにはいらない

極東の宗教について、西洋の侵略との関係で、いくつかの一般的な発言を考慮すると、この解釈の試みは、適切に結論づけられるかもしれない。

極東の社会はすべて、日本社会と同様に、祖先崇拝を基盤としている。

この古代の宗教は、さまざまな形で彼らの道徳的経験を表しており、現在不寛容に説かれているキリスト教の導入に対して、どこでも最も深刻な種類の障害を提供している。

この宗教に対する攻撃は、この宗教によって人生を左右される人々にとっては、最大の侮辱であり、最も許されない犯罪に思えるに違いない

共同体のすべての構成員が、召集されたら死ぬことが自分の義務であると信じている宗教は、そのために戦うことができる宗教である。

宗教に対する攻撃に対する忍耐力は、その人の知性の程度と訓練内容によって異なる。

極東のどの民族も、日本人のような知性は持っていないし、長年の軍事訓練の中で、状況に応じた行動をとるように同じようによく訓練されてきた

東洋は、その社会の基盤を侵さない限り、あらゆる信条に寛容であった

Great Buddha of Japan - Land Of The Rising Son

そして、西洋の宣教師が賢明で、そのような基盤を放置し、仏教が行ったように祖先崇拝に対処し、他の方向にも同じ寛容の精神を示すならば、非常に大規模なキリスト教の導入は何の問題もないことが証明されたはずである。

その結果、西洋キリスト教とはかなり異なったキリスト教が生まれたであろうことは明らかである。

極東の社会構造は急激な変化を許さないが、社会的反感や人種間の憎悪を刺激することなく、教義の要点は広く伝播されたかもしれない。

今日、不寛容という不毛な労働がすでに行ってしまったことを元に戻すことは、おそらく不可能である。 

中国やその近隣諸国における西洋宗教に対する憎悪は、間違いなく、祖先崇拝に対して行われた不必要で容赦のない攻撃のせいである。

中国人に先祖の位牌を捨てたり破壊したりすることを要求するのは、イギリス人フランス人キリスト教への献身の証として母親の墓石を破壊することを要求するのと同様に、非理性的で非人間的なことであると言えよう。 

Montmartre-Cemetery - Land Of The Rising Son

古くから、おとなしく平和な共同体の国内信仰に対するこうした攻撃は、虐殺を引き起こしてきた。そして、もしそれが続くなら、人々が攻撃する力を残している間は、虐殺を引き起こし続けるだろう。

外国の宗教的侵略が、在来の宗教的侵略によってどのように答えられるか、そしてキリスト教軍事力が、10倍の殺戮と強力な強盗によって外国犠牲者に復讐するかは、ここで記録する必要はないだろう。

宣教師の不寛容が引き起こす反乱への報復として、祖先崇拝民族虐殺され、貧困化し服従したのは、この数年だけのことではあるまい。

社会学的な観点から見ると、宗派や信条に関係なく、宣教師制度全体が、古代型のあらゆる文明に対する西洋文明の総攻撃における小競り合い部隊であり、最も強く、高度に進化した社会が、より弱い、進化していない社会に対して行う前進運動の第一線に相当するのである

これらの戦士の意識的な仕事は、説教師と教師であり、無意識の仕事は、砕石師と破壊者である。

しかし、キリスト教はそれほど拡大しない。

東洋がどうしても拒否しなければならない教義の普及を助けるためではなく、産業事業西洋誇張を助けるために、彼らは滅び、兵士以上の勇気を持って、本当に命を捨てるのである 

宣教の真の目的、そして公然の目的は、社会学真理に対する執拗無関心によって破られ、殉教と犠牲はキリスト教国によってキリスト教の精神に本質的に反する目的のために利用されるのである。

言うまでもなく、民族民族に対する攻撃は、より有能な者だけが生き残るという普遍的な闘争法則完全合致している。

劣等人種は高等人種に従属するか、あるいはその前に消え去らねばならない

そして、古代文明のタイプは、進歩のためにはあまりに厳格で、より効率的でより複雑な文明の圧力に屈しなければならない。

Tokyo from SkyTree with Fuji San - Land Of The Rising Son

人間の進歩は、強者の法則を否定し、弱者を押しつぶし、無力な者を食い物にしようとする、獣の世界を支配する衝動と闘うことによって達成されてきた。 

文明を可能にするすべての美徳と抑制は、自然法則の歯牙の中で発展してきた。

指導的立場にある民族は、最高の権力は忍耐の行使によって得られること、そして自由は弱者の保護と不正の強力な抑圧によって最もよく維持されることを最初に学んだ民族である 

このようにして得られた道徳的経験のすべてを否定する覚悟がない限り、またそれが表現されている宗教が特定の文明の信条に過ぎず、人類の宗教ではないと断言しない限り、キリスト教と啓蒙主義の名の下に異民族に行われる侵略を倫理的に正当化することは困難であった

社会学の明白な教えは、高等人種は弱い人種に対処する際に、その道徳的経験を平気で捨て去ることはできないということ、そして西洋文明は遅かれ早かれ、その抑圧の行いの全罰を支払わなければならないだろうということである

War Crimes Unpunished - Land Of The Rising Son

国内での宗教的不寛容に耐えることを拒否しながら、海外での宗教的不寛容を着実に維持する国は、何世紀もの残虐な闘争を経て勝ち取った知的自由の権利を、最終的に失うに違いない

おそらく本書は、極東社会の構造が西洋の宗教の宣伝に乗り越えられない障害をもたらしていることを、思慮深い人たちに納得させるだろう。

これらの障害は、今や以前のどの時代よりも、最も慎重かつ人道的な配慮を要求しており、これ以上妥協のない態度を維持することは、結果的に悪としか言いようがない

数千年前の祖先の宗教が何であったにせよ、今日、極東全域で、それは家族の愛情と義務の宗教である。この事実を非人間的に無視することによって、西洋の狂信者は、もう少し「ボクサー」反乱を誘発しないわけにはいかないだろう。 

教条主義が改宗者に家族共同体、政府に対する古来の義務否定するよう求め、さらに、先祖の位牌を破壊し、自分に命を与えてくれた人々の記憶を傷つけることによって、異質な信条に対する自分の熱意を証明するよう主張している間は、東洋は決してキリスト教に転向しないのである。

香取神宮 - Land Of The Rising Son